構造物診断士がお役に立てること

  1. 1. 構造物の維持管理への支援

    • 計画・実施・管理・指導などの総合技術の構築への協力
  2. 2. 構造物の劣化、損傷への対応

    • 劣化・損傷情報を、調査・点検・診断技術を用いて的確に収集・記録
    • 構造物の重要度、供用期間などを考慮した適切な補修・補強技術の選定や提案
  3. 3. アセットマネジメント、長寿命化への支援

    • データの収集、健全度評価などの実施
  4. 4. 技術者の育成

    • 豊富な経験を有する構造物診断士が講師となり、研修会や講習会などを実施
日本構造物診断技術協会ホームページ