活動報告

第12回“ニューテクの今”開催

「"ニューテクの今"2016初夏」は平成28年6月16日(木)に開催されました。特別講演では日本大学理工学部の半貫 敏夫名誉教授から「世界遺産アンコール・ワットのヒミツ -西参道修繕計画-」と題し、900年間にわたり保存されてきた世界遺産について建設当時の材料や工法を調査・研究して忠実に復元し、建設当時のままに修繕しようとする国際プロジェクトを紹介していただきました。遺産として保存すべき社会インフラの維持管理に関する取り組み事例として、興味深いお話でした。

参加者は79名で、ひび割れ検知技術、業務用ドローンの現状紹介、電気化学的防食工法、コンクリートはく落防止工法、コンクリート桁端狭隘部の調査紹介などが行われました。デモンストレーションコーナーでは実務的な質問が飛び交い活発に意見交換がなされました。

 

データシートダウンロード

日本構造物診断技術協会ホームページ